logo

「ヒンデンブルク号」爆発から75年--写真で振り返る巨大飛行船と衝撃的な事故 - 23/23

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 火災の実際の原因はいまだに不明だが、破壊工作や静電気など、発火の原因とその後の火災で最初の燃料となったものの両方について、さまざまな仮説が出された。

 その後、一部の専門家たちは、着陸準備中の急旋回が飛行船に過度の負荷を与えたことが原因で、ぴんと張った内部の張線が切れてガスセルを裂いたと説明した。これにより、水素と空気が混合して爆発性の高い化合物が生成されたとしている。

 火災の実際の原因はいまだに不明だが、破壊工作や静電気など、発火の原因とその後の火災で最初の燃料となったものの両方について、さまざまな仮説が出された。

 その後、一部の専門家たちは、着陸準備中の急旋回が飛行船に過度の負荷を与えたことが原因で、ぴんと張った内部の張線が切れてガスセルを裂いたと説明した。これにより、水素と空気が混合して爆発性の高い化合物が生成されたとしている。

提供:Airships.net

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]