logo

「ヒンデンブルク号」爆発から75年--写真で振り返る巨大飛行船と衝撃的な事故 - 14/23

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 軽航空機飛行に対する関心が急速に高まっていた20世紀初頭、レイクハーストの海軍航空基地は米国における飛行船活動の中心地となった。

 レイクハーストに最初に建設された大型施設は、写真の第1格納庫だった。巨大な飛行船を納めるために1921年に作られたこの格納庫は、非常に大きな建造物だ。第1格納庫のサイズは高さ200フィート(約61m)×幅350フィート(約107m)×長さ961フィート(約293m)である。両端には、線路の上に設置された巨大な鋼鉄製のドアが2組ずつあった。

 軽航空機飛行に対する関心が急速に高まっていた20世紀初頭、レイクハーストの海軍航空基地は米国における飛行船活動の中心地となった。

 レイクハーストに最初に建設された大型施設は、写真の第1格納庫だった。巨大な飛行船を納めるために1921年に作られたこの格納庫は、非常に大きな建造物だ。第1格納庫のサイズは高さ200フィート(約61m)×幅350フィート(約107m)×長さ961フィート(約293m)である。両端には、線路の上に設置された巨大な鋼鉄製のドアが2組ずつあった。

提供:Airships.net

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]