logo

「ヒンデンブルク号」爆発から75年--写真で振り返る巨大飛行船と衝撃的な事故 - 2/23

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国への処女飛行中のHindenburgでカクテルを楽しむ乗客たち。伝えられるところによると、機内のバーにはドイツの食前酒が豊富にそろっていたが、米国の一般的な飲料はそれほど用意されていなかったという。

 乗客のPauline Charteris氏は、Hindenburgがマティーニ用のジンを切らした後、キルシュヴァッサーカクテルを即席で作ったと言われている。キルシュヴァッサーはフルーツブランデーで、伝統的にモレロチェリーの二重蒸留によって作られる。

 Airships.netが再現したPauline Charteris氏のHindenburgカクテルのレシピは次のとおりだ。

 3オンスのキルシュヴァッサー。2分の1オンス弱のドライベルモット酒。グレナディン少量。レモンピール*。

 (*ピールというのは、油を含む皮の部分のみを表しており、苦い白色の中果皮をひねった「ツイスト」のことではない。)

 氷を入れて、冷たくなるまで振る。振りすぎて、氷でカクテルを薄めてはいけない。

 後はカクテルを楽しむだけだ。

 米国への処女飛行中のHindenburgでカクテルを楽しむ乗客たち。伝えられるところによると、機内のバーにはドイツの食前酒が豊富にそろっていたが、米国の一般的な飲料はそれほど用意されていなかったという。

 乗客のPauline Charteris氏は、Hindenburgがマティーニ用のジンを切らした後、キルシュヴァッサーカクテルを即席で作ったと言われている。キルシュヴァッサーはフルーツブランデーで、伝統的にモレロチェリーの二重蒸留によって作られる。

 Airships.netが再現したPauline Charteris氏のHindenburgカクテルのレシピは次のとおりだ。

 3オンスのキルシュヴァッサー。2分の1オンス弱のドライベルモット酒。グレナディン少量。レモンピール*。

 (*ピールというのは、油を含む皮の部分のみを表しており、苦い白色の中果皮をひねった「ツイスト」のことではない。)

 氷を入れて、冷たくなるまで振る。振りすぎて、氷でカクテルを薄めてはいけない。

 後はカクテルを楽しむだけだ。

提供:Airships.net

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]