logo

「ヒンデンブルク号」爆発から75年--写真で振り返る巨大飛行船と衝撃的な事故

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 全長803フィート(約245m)、直径135フィート(約41m)におよぶドイツの旅客輸送用硬式飛行船「Hindenburg(LZ-129)」は、今までに飛行した航空機として最も巨大で、輸送分野におけるテクノロジとぜいたくの象徴だった。

 Hindenburgの商業運航は、知名度の劣るGraf Zeppelinとともに、最初の大西洋横断航空業務の道を開いた。その後、Hindenburgは第2シーズンの最初の北米欧州間飛行の最後にニュージャージー州レイクハースト上空で炎上した。

 Hindenburgは、1937年5月6日にレイクハースト空軍基地での悲劇的な爆発事故で破壊されるまで、数千人もの乗客を輸送し、数十万マイルを飛行した。本記事では、Hindenburgの歴史を写真とともにたどる。

 全長803フィート(約245m)、直径135フィート(約41m)におよぶドイツの旅客輸送用硬式飛行船「Hindenburg(LZ-129)」は、今までに飛行した航空機として最も巨大で、輸送分野におけるテクノロジとぜいたくの象徴だった。

 Hindenburgの商業運航は、知名度の劣るGraf Zeppelinとともに、最初の大西洋横断航空業務の道を開いた。その後、Hindenburgは第2シーズンの最初の北米欧州間飛行の最後にニュージャージー州レイクハースト上空で炎上した。

 Hindenburgは、1937年5月6日にレイクハースト空軍基地での悲劇的な爆発事故で破壊されるまで、数千人もの乗客を輸送し、数十万マイルを飛行した。本記事では、Hindenburgの歴史を写真とともにたどる。

提供:Airships.net

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]