logo

マイクロソフト、ARM版Windows 8のテスト機を限定公開へ

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年03月01日 13時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは招待者限定のプログラムの下、QualcommとNvidiaが提供するチップを搭載した「Windows 8」のテスト用PCを提供しようとしている。

 両社は、開発者に限定的にテスト用PCを提供するためにMicrosoftと連携している、と発表した。目的は将来のARM版PCとタブレット上で動作するWindowsアプリをテストし、最適化してゆくことにあるという。

 Windows 8は、これまでのIntel、AMDに加え、QualcommとNvidia提供のプロセッサ上で動作する最初の主力Windows OSとなる。

 Qualcommの場合、プレリリース版のARM版Windowsが動作するPCは、グラフィックスハードウェアアクセラレータ「Adreno」を搭載する「Snapdragon S4 MSM8960」プロセッサやGPSやセンサー、周辺機器を備えたものになる。

 「テスト用PCは、商用やARM版Windowsの完成版ではない。Qualcommの最新の技術の上で動作する『Windows Metro』スタイルのアプリの開発、テスト用に、先行して開発者向けに準備された」とQualcommは声明で述べた。

 Windowsで周辺機器の動作を保証することは、「Windows-on-ARM(WOA)」の最大の挑戦の1つである。「QualcommのSnapdragonプロセッサを搭載することで、豊富なハードウェア周辺機器が利用可能となり、Windows-on-ARMプラットフォーム上のWindowsでシームレスなユーザーエクスペリエンスを実現する」と、MicrosoftのWindows部門でビジネスプランニング担当ディレクターであるStefan Kinnestrand氏は述べた。

 Nvidiaも同様に、ソフトウェア開発者とデバイスメーカー向けにWindows 8のテスト用PCを配布するため、Microsoftと連携して開発に取り組んでおり、Windows 8のテスト用PCは、クアッドコアのモバイルプロセッサ「Tegra 3」を搭載していると発表した。


Windows 8 Consumer Preview
提供:Aloysius Low/CNET Asia

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集