logo

米ヤフー会長R・ボストック氏、退任へ

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年02月08日 08時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは、取締役会の再編によって、同社幹部をさらに交代させようとしている。

 Yahooの取締役会会長を務めるRoy Bostock氏は米国時間2月7日、株主にあてた書簡において、取締役会役員Vyomesh Joshi氏、Arthur Kern氏、およびGary Wilson氏とともに、同氏は2012年の再選を目指さないと述べた。

Roy Bostock氏
Roy Bostock氏
提供:Duke University

 Bostock氏によると、同社取締役会は空席を補完するため、Alfred Amoroso氏とMaynard Webb Jr.氏を社外取締役として迎えたという。Amoroso氏は以前、Roviのプレジデント兼最高経営責任者(CEO)を務めていた。Webb氏は現在、LiveOpsの会長を務めており、以前は同社のCEOだった。

 Bostock氏が辞任を発表する予定であることは、All Things Digitalが7日、発表に先立ち報じていた。

 取締役会再編を発表したウェブ大手Yahooは、激動の最中にある。Yahooは2011年9月、当時のCEOであったCarol Bartz氏を解任し、2012年1月に後任としてScott Thompson氏を選任したばかりである。その数週間後には、同社の共同創設者であるJerry Yang氏が、「他の関心事を追求」するために同社の取締役会を辞任している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

  • DX時代の内部不正対策

    リスクの顕在化を防ぐチェックポイントを
    マイクロソフトと弁護士の対談から探る

  • RPA特集

    同僚はITシステム?業務自動化は人+IT

  • BCP対策:前編

    「ビッグデータ」 から考える、働き方改革
    とBCP対策

  • 次の一手はこれだ!

    ZDNet×マイクロソフトが贈る特別企画
    今、必要な戦略的セキュリティとガバナンス

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]