フォトレポート:SFの世界に見る先行技術 - 3/11

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月16日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シートに座って新聞を読んだり、昼寝をしたりする間に、どこにでも運転して行ってくれる自動車というのはどうだろうか。SFの世界の話のように聞こえるが、実際に数多くのSF作品にこのような自動車が登場している。最近の映画では、1993年の「デモリションマン」や、2004年の「アイ,ロボット」に出てきた。

 現在、Googleは独自の無人自動車システムを試験中だ。同社はこのシステムによって事故を減らすとともに、エネルギー効率を高められると期待している。この試験は、米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)が主催したコンテストに続く試みだ。このDARPAのコンテストは、無人自動車がA地点からB地点まで到達する時間を競わせるものだった。それ以前では、General Motors(GM)が1939年の万国博覧会で、進む方向を無線で指示する自動車を展示している。

 写真は、映画「アイ,ロボット」の中で、未来のAudiに乗るWill Smithが自動運転モードから手動オーバーライドモードに切り替えたところだ。
Scroll Right Scroll Left

 シートに座って新聞を読んだり、昼寝をしたりする間に、どこにでも運転して行ってくれる自動車というのはどうだろうか。SFの世界の話のように聞こえるが、実際に数多くのSF作品にこのような自動車が登場している。最近の映画では、1993年の「デモリションマン」や、2004年の「アイ,ロボット」に出てきた。

 現在、Googleは独自の無人自動車システムを試験中だ。同社はこのシステムによって事故を減らすとともに、エネルギー効率を高められると期待している。この試験は、米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)が主催したコンテストに続く試みだ。このDARPAのコンテストは、無人自動車がA地点からB地点まで到達する時間を競わせるものだった。それ以前では、General Motors(GM)が1939年の万国博覧会で、進む方向を無線で指示する自動車を展示している。

 写真は、映画「アイ,ロボット」の中で、未来のAudiに乗るWill Smithが自動運転モードから手動オーバーライドモードに切り替えたところだ。

提供:20th Century Fox

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]