logo

フォトレポート:世界各国Apple Storeの旅--ガラスキューブから1870年代建築まで

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年05月27日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国時間5月19日、Appleの小売店であるApple Storeが第1号店の開店から10周年を迎えた。そこで、世界各国にあるApple Storeから印象的な店舗、または、注目に値する店舗を米CNETが選んだ。

 Apple Storeは現在、320店舗以上あるが、その大半は米国内にある。Appleは2011年内に40店舗以上を建設し、そのうち30店舗は米国外となる予定だ。

 この画像は、Apple Storeの象徴ともいえるニューヨークの五番街店。実際の店舗は地下にある。コーネル大学が2009年に実施した調査によれば、同店は、ニューヨークで最も写真が撮影された場所であり、かつ、旅行者や地元の人々が最も訪れた場所だという。

 米国時間5月19日、Appleの小売店であるApple Storeが第1号店の開店から10周年を迎えた。そこで、世界各国にあるApple Storeから印象的な店舗、または、注目に値する店舗を米CNETが選んだ。

 Apple Storeは現在、320店舗以上あるが、その大半は米国内にある。Appleは2011年内に40店舗以上を建設し、そのうち30店舗は米国外となる予定だ。

 この画像は、Apple Storeの象徴ともいえるニューヨークの五番街店。実際の店舗は地下にある。コーネル大学が2009年に実施した調査によれば、同店は、ニューヨークで最も写真が撮影された場所であり、かつ、旅行者や地元の人々が最も訪れた場所だという。

提供:Apple

-PR-企画特集