logo

フォトレポート:世界各国Apple Storeの旅--ガラスキューブから1870年代建築まで - 4/18

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年05月27日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 上海の浦東地区にある店舗は、ガラス製の巨大円筒が地面から突き出した形をしている。五番街の「キューブ型」店舗に劣らない印象的な店舗だ。店内に下りていくと、敷地面積は1万6000平方フィート(約1486.4平方m)ある。同店は、北京店に続いて中国で2番目の店舗。

 上海の浦東地区にある店舗は、ガラス製の巨大円筒が地面から突き出した形をしている。五番街の「キューブ型」店舗に劣らない印象的な店舗だ。店内に下りていくと、敷地面積は1万6000平方フィート(約1486.4平方m)ある。同店は、北京店に続いて中国で2番目の店舗。

提供:Apple

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]