logo

「App Store」で上位を維持するには--人気アプリの成功例に学ぶ - (page 3)

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年05月19日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルールの変更

 もちろん、戦略の立案は厄介な作業だ。Appleは管理を好む。それが最も顕著に表れているのがApp Storeである。iPhone、「iPod touch」、iPadのユーザーが、同社が許可したアプリケーションをダウンロード/購入できるのはApp Storeだけだ。

 App Storeは、Appleの小売店や、App Storeのもととなった「iTunes」と同様に、商取引のあり方についての同社のグランドビジョンを示している。そこには、仮想の陳列棚とともに、Appleが監督するセクションがある。しかしその心髄であり、まだ開拓時代の西部地方といった雰囲気があるのは、トップチャートセクションだ。ここには、その時ごとに、注目の無料アプリケーションと有料アプリケーションがそれぞれ300本並んでいる。このリストのどれかに一度載れば、良いアプリケーションはどんどん順位を上げていくことができる。大勢の新規ユーザーがトップチャートを見ているからだ。こういった効果のために、トップチャートリストは、上位を狙う企業にとっての大きなビジネスターゲットにもなっている。

 4月下旬、いくつかのサードパーティーのトラッキングサービスが、Appleがランキングアルゴリズムを変更したため一部のアプリケーションの順位に影響が出たことに気づいた。Appleは変更が行われたことについて説明していない(認めてすらいない)が、特定のアプリケーションの順位変動からみて、カテゴリの重み付けが変更されたようだ。特定のカテゴリの上位にあるアプリケーションは、ほかのカテゴリの上位のアプリケーションと比べて、総合ランキングで高い順位を与えられている。

 開発者とパブリッシャー向けの分析およびアドエクスチェンジネットワークMobclixの共同創設者Krishna Subramanian氏は、ランキングとモバイル広告市場の動向を注視しており、今回の変更を、Googleによる検索アルゴリズムの再調整と対比させた。

 「アプリケーションランキングの最適化がいくらか行われるだろう。ランキングの新しい算出基準としては、セッション回数、1日のアクティブユーザー数、ユーザーがどこから訪問したか、ダウンロード数、インストールされているデバイスの種類などが考えられる」。Subramanian氏は先ごろの米CNETとの電話インタビューでこのように述べた。

論争を呼んでいるTapjoyのサービスにより、開発者はほかのアプリケーションを通してゲームのインストールを勧めることができる。 論争を呼んでいるTapjoyのサービスにより、開発者はほかのアプリケーションを通してゲームのインストールを勧めることができる。
提供:Tapjoy

 この変更の背後にある論拠には、Tapjoyが関係していると言われている。Tapjoyは、Appleが同社のプログラムを使ったアプリケーションを却下していると主張したことで、ここ数週間論議の中心となっている広告ネットワークだ。TapjoyとFlurryは独立した2つの企業だが、開発者を対象に、無料アプリケーションのインストールに特典を付けることで、有利なスタートを切ることができるサービスを提供している。開発者やパブリッシャーは、料金を支払って、このシステムでアプリケーションを宣伝できる。

 特にTapjoyは、開発者がゲームの中に組み込んでゲーム内のアクションから売り上げを得られるリワードネットワークを提供している。このネットワークが一部を形成する広告プラットフォームでは、ネットワークに含まれるアプリケーションによって特定のゲームをユーザーに宣伝できる。Flurryも「AppCircle」という同様のサービスを提供している。AppCircleは、どのようなユーザーが顧客のアプリケーションを楽しんだり、使ったりする可能性が高いかを割り出し、ネットワーク内でそれに一致するアプリケーションを宣伝することができる。Tapjoyの主張によると、そうしたプログラムは参加した顧客に、1日あたり10万件以上の新規ダウンロードをもたらすことができるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]