松村太郎が見た「iPad 2」--猛追するAndroid群、アップルの競争優位性とは - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄く軽くなった本体のデザイン

  • 新しい筐体の背面はフラット

 曲面を描く背面で浮いている板を思わせるデザイン──初代iPadが登場したときにはとても薄いデバイスだと思っていた。しかしそれは、9.7インチというディスプレイの平面に対しての感想であった、とiPad 2を手に取ると思わされる。

 既存のモデルより33%薄い8.8mmの新しい筐体の背面はフラットで、机の上にぺったりとへばりつくかのような印象だ。Wi-Fiモデルで約70g軽くなっている。iPadとiPad 2を並べて撮影することは許されなかったが、薄型化とシェイプの変更で、まるで堅めのダンボールを持っているかのような感覚。初代のiPadよりも、より軽く感じさせてくれる。

  • 30%薄くなったiPad 2

 iPadは電子書籍や雑誌などのコンテンツを見るデバイスとして注目されたが、その重さがネックになっていた。しかしこのシェイプの変更と軽量化は、電車の中で片手でコンテンツを楽しむ可能性を改めて切り開いてくれそうだ。iPadよりもサイズの小さなディスプレイを持つ、軽いタブレットも登場しているが、これらのデバイスと比較しても現実的な重さになってきたのではないだろうか。

  • カメラが搭載された

 iPad 2にはホワイトモデルが追加された。ピアノの鍵盤のような柔らかい光沢は決してディスプレイの映像を邪魔していない。またディスプレイ上部にはカメラが用意され、FaceTimeやPhotoBoothなどのカメラアプリを利用できる。

 裏返してみると、そのシェイプの変化をより鮮明に見ることができる。ちょうどMacBook Proのディスプレイのように曲線を描き、ストンと落ちる縁は薄くても手になじみやすい。また背面にはHD動画を撮影できるカメラ、おなじみのボリュームボタンとスライドスイッチがある。iOS 4.2で急にミュートスイッチにその役割を変更したスライドスイッチだが、最新のiOS 4.3ではミュートか回転防止か、ソフトウェアからその役割を設定できるようになっている。

 裏面の本体下部には、細かい丸いパンチ穴が開けられたスピーカーが用意されている。遠くからはさほど目立たず、また近くで見るとMacBook Proと同じようなAppleらしい処理だ。

  • 下部の中央には、コネクタ端子がある

  • 丸い穴の部分はスピーカー

  • ボリュームボタンとスライドスイッチ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]