IE9の新機能「サイトの固定」、対応サイトの訪問者数が増加--MS幹部が語るその理由 - (page 3)

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月21日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hall氏は、このシステムにより、ユーザーは似たようなサイト、リンクのまとまりをグループ化するようになっていくと述べる。「20のサイトにアクセスするユーザーが、それらのサイトを固定するようになれば、論理的なグループ化ができる。そのため、例えばMSNで調べものをしているとき、論理的にグループ化された10のリンクがあれば、これらが新しいブラウジングセクションの邪魔になることはない」

 しかしその原則は、ユーザーが固定したサイトが増えていっても当てはまるのだろうか。ベータ版でのユーザー行動からは、そのことが問題になるという証拠は出ていない。Hall氏は「大多数のユーザーはサイトを10以上固定することはないと思う」と述べている。10以上のサイトを固定したい場合は、Windowsのタスクバーの高さ(または幅)を2倍か3倍にして、多くのサイトを固定できるようにするだけでいいという。

 「サイトの固定機能に対応したサイトが増えれば、サイトを固定したいと思うユーザーも増えることがお分かりいただけると思う。もしかすると多くの人がタスクバーの高さを2倍にするかもしれないが、そのような問題ならむしろ歓迎だ」(Hall氏)

 Microsoftは2月には入り、IE9の最初(でおそらく唯一)のリリース候補版を発表した。しかし、正式版をいつごろ展開する予定かについては語っていない。IE9は引き続き、同社のWindows OSの最新バージョンWindows 7(32ビットWindows 7および64ビットWindows 7)と、「Windows Vista」(32ビットWindows Vistaおよび64ビットWindows Vista)のユーザーのみが利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]