logo

IE、全体のシェアは落とすもIE8は増加--1月ブラウザ市場調査

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月02日 12時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Net Applicationsは米国時間2月1日、2011年1月の世界ブラウザ利用シェアのレポートを発表した。Microsoftの「Internet Explorer」が今回も首位を守ったが、シェアは2010年12月の57.08%から2011年1月は56.00%となった。Mozilla Foundationの「Firefox」は22.81%から22.75%となった。「Google Chrome」は9.98%から10.70%に、Appleの「Safari」は5.89%から6.30%に、「Opera」は2.23%から2.28%にそれぞれ推移した。1月もIEがChromeやSafariにシェアを奪われる傾向が続いている。

 しかし、Internet ExplorerのプロダクトマーケティングディレクターRoger Capriotti氏の2月1日のブログ記事にあるように、IEでシェアが減少しているのは、Microsoftが新バージョンに切り替えるよう勧めている「Internet Explorer 6」(IE6)だ。一方、「Internet Explorer 8」(IE8)の利用は1年間で9.15ポイント増加しているという。Capriotti氏は同ブログで、「この傾向は特に法人ユーザーの間で顕著にみられる」と指摘している。

IEはChromeやSafariにシェアを奪われ続けているが、減っているのは旧バージョンのシェアだ。 IEはChromeやSafariにシェアを奪われ続けているが、減っているのは旧バージョンのシェアだ。
提供:Data from Net Applications; chart by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集