グーグルの「AdWords」の課題--広告の関連性確認のスピードアップ

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dodgeの「Challenger」は現代的で馬力のある自動車だ。25年前の「Challenger」号爆発事故は悲劇的な出来事だった。名前以外に共通するものはほとんどないが、Googleの「AdWords」システムは米国時間1月28日午前の数時間にわたって、この2つのChallengerに繋がりがあると見なしていた。

 このことはGoogleの有名なAdWordsシステムの弱点を示す一例にすぎない。AdWordsは、スタンフォード大学の興味深い科学プロジェクトを、世界で最も強力なインターネット企業に変えた広告システムだ。簡単に言うと、検索クエリに応じて表示される広告が、本当にそのクエリに関連があるかどうかをAdWordsシステムが判断するには、ある程度時間がかかる。つまり、大きなニュースが発生した直後や、ある検索クエリが急増したときなどに、Googleは全く無関係な広告を表示することがよくある。例えば、Challenger号爆発事故から25年というニュース記事の上に、Challengerの「Hemi」エンジンの宣伝広告が表示されていた。

 「Google Trends」によって測定される「Hot Searches(一定の時間内にクエリの量が普段より急激に増加した検索語のランキング)」を1週間にわたって調査したところ、AdWordsが広告を適切にランク付けするのに必要なフィードバックを集めるには、少なくとも数時間かかることを示す例が多数見つかった。

 フィットネス界のカリスマ的存在であるJack LaLanne氏が亡くなったとのニュースが流れた直後、最も目立つ場所に表示されていたのは、「The Cord Bug」の広告だった。これは寒冷地の自動車オーナーが夜中にエンジンを暖めておくためのアクセサリだ。また、体長約150cmのオオトカゲ(monitor lizard)がカリフォルニア州のマンション内を歩き回っているのが発見され、26日午前のニュース番組で取り上げられたとき、「Google News」では何時間にもわたって検索結果の横にコンピュータモニタ(monitor)の広告が表示されていた。

 おそらくこの問題は、次期最高経営責任者(CEO)のLarry Page氏の優先事項には含まれていないだろう。なぜなら、Googleは大多数の検索において、関連性のある広告からかなりの利益を上げ続けているからだ。しかし、この問題は関連性をリアルタイムで見極めることの難しさを浮き彫りにしている。これは検索の問題というだけでなく、広告の問題でもある。

GoogleのAdWordsシステムは、検索クエリの量が急増したとき、関連広告のランク付けを十分な速さで実行できないことがよくある。 GoogleのAdWordsシステムは、検索クエリの量が急増したとき、関連広告のランク付けを十分な速さで実行できないことがよくある。
提供:Screenshot by Tom Krazit/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加