logo

デジカメになりきれなかった、トホホなケータイ--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 6)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見かけ倒しで全然ダメ、の見本

 デジカメ代わりに使えるかも?と期待させてくれたT1000iだが、結局はやっぱりそこらにあるトンデモケータイと同じ類の製品であった。まぁとはいえレンズ部分が動くだけでも「おぉっ、なんか本格的!」って気分にさせてくれるのだから、過度な期待さえしなければこれはこれでアリなのだろう。そう、トンデモケータイに「もしかして、、、」なんて期待を持ってはいけないのね。だからこそ、その期待を裏切られたときに「ス、スゲー!」という感動を与えてくれたりもするのだ。

 せっかく買ったT1000iなので実際に持ち出してちょっと写真を撮影してみたが、メガピクセルカメラだけに最低限のデジカメとして使えないこともないようだ。だがカメラのON/OFFを繰り返しているうちに電池残量がどんどん減っていってしまった。レンズを動かすモーターが余計な電力を食っているようだ。しかも「Battery Low」の警告表示が出た後は、カメラそのものが起動しないのだ。どうやら電池残量が少ないとレンズを繰り出すだけの電力をモーターに供給できないため、カメラそのものも使えないようなのである。ううーむ、下手にギミックを搭載しないほうがよかったんじゃないのか?

 よくよく見てみると本体のカメラ周りにもあれこれ余計な記載が多すぎる。やっぱり値段相応の製品を高く見せたい、かっこよく飾りたいっていう気分だけが空回りしちゃったケータイだったのか。でもま、トンデモケータイメーカーたちのそんな苦悩が明日のいい製品を生むかもしれないのだ。がんばれトンデモケータイメーカー、無駄な努力もきっといつかは報われる日がくるに違いないぞ!

カメラ使っていたらあっという間に電池がなくなってきた カメラ使っていたらあっという間に電池がなくなってきた※クリックすると拡大画像が見られます
カメラ周りを見てもあれこれ機能が多すぎる カメラ周りを見てもあれこれ機能が多すぎる※クリックすると拡大画像が見られます
パッケージの能書きも良く見るとやりすぎ パッケージの能書きも良く見るとやりすぎ※クリックすると拡大画像が見られます
マルチランゲージくらいが売りか マルチランゲージくらいが売りか※クリックすると拡大画像が見られます

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]