logo

フォトレポート:スミソニアン国立航空宇宙博物館で振り返る名機 - 5/20

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは有名な「Spirit of St. Louis」(「Ryan NYP」)だ。Charles Lindberghは1927年5月21日、この飛行機で、史上初のノンストップでの大西洋横断単独飛行を達成した。LindberghはSpirit of St. Louisに搭乗して、ニューヨーク州ロングアイランドのルーズベルトフィールドからパリまで、3610マイル(約5810km)を飛んだ。飛行時間は33時間30分だった。

 Lindberghは飛行終了後、ホテル王のRaymond Orteigから2万5000ドルの賞金を受け取った。Orteigはニューヨークからパリまでの無着陸飛行を最初に達成した人物に賞金を贈ると申し出ていた。

 これは有名な「Spirit of St. Louis」(「Ryan NYP」)だ。Charles Lindberghは1927年5月21日、この飛行機で、史上初のノンストップでの大西洋横断単独飛行を達成した。LindberghはSpirit of St. Louisに搭乗して、ニューヨーク州ロングアイランドのルーズベルトフィールドからパリまで、3610マイル(約5810km)を飛んだ。飛行時間は33時間30分だった。

 Lindberghは飛行終了後、ホテル王のRaymond Orteigから2万5000ドルの賞金を受け取った。Orteigはニューヨークからパリまでの無着陸飛行を最初に達成した人物に賞金を贈ると申し出ていた。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]