logo

フォトレポート:スミソニアン国立航空宇宙博物館で振り返る名機 - 15/20

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは「Boeing X-45A統合無人戦闘航空システム(J-UCAS)」だ。同博物館によると、2002年に初飛行したBoeing X-45A J-UCASは、戦闘攻撃任務用に設計された初めての近代無人戦闘攻撃機だったという。同プロジェクトは当初、米国防高等研究計画局(DARPA)によって管理されていたが、2003年にX-45プログラムは米統合無人戦闘航空システム局の下で米空軍と米海軍によって統合された。

 同博物館によると、このX-45は40ソーティを実行し、高性能な戦闘用無人航空機(UAV)による最初の自律飛行を達成したという。このプログラムは2005年まで続いた。

 これは「Boeing X-45A統合無人戦闘航空システム(J-UCAS)」だ。同博物館によると、2002年に初飛行したBoeing X-45A J-UCASは、戦闘攻撃任務用に設計された初めての近代無人戦闘攻撃機だったという。同プロジェクトは当初、米国防高等研究計画局(DARPA)によって管理されていたが、2003年にX-45プログラムは米統合無人戦闘航空システム局の下で米空軍と米海軍によって統合された。

 同博物館によると、このX-45は40ソーティを実行し、高性能な戦闘用無人航空機(UAV)による最初の自律飛行を達成したという。このプログラムは2005年まで続いた。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]