logo

フォトレポート:スミソニアン国立航空宇宙博物館で振り返る名機 - 6/20

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1964年6月3日、Edward Whiteは20分間にわたって、この「Gemini IV」カプセルから外に出て活動し、宇宙遊泳(船外活動(EVA)ともいう)を行った最初の米国人宇宙飛行士になった。人類初の宇宙遊泳は、ロシア人宇宙飛行士のAleksei Leonov氏がその3カ月前に達成していた。

 「Titan II」ロケットで打ち上げられたGemini IVは、高さ11フィート(約3.4m)、最大直径7フィート6インチ(約2.3m)、重量7000ポンド(約3200kg)。米航空宇宙局(NASA)から注文を受けたMcDonnell Aircraftが製造した。

 1964年6月3日、Edward Whiteは20分間にわたって、この「Gemini IV」カプセルから外に出て活動し、宇宙遊泳(船外活動(EVA)ともいう)を行った最初の米国人宇宙飛行士になった。人類初の宇宙遊泳は、ロシア人宇宙飛行士のAleksei Leonov氏がその3カ月前に達成していた。

 「Titan II」ロケットで打ち上げられたGemini IVは、高さ11フィート(約3.4m)、最大直径7フィート6インチ(約2.3m)、重量7000ポンド(約3200kg)。米航空宇宙局(NASA)から注文を受けたMcDonnell Aircraftが製造した。

提供:Daniel Terdiman/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]