logo

フォトレポート:スミソニアン国立航空宇宙博物館で振り返る名機

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2010年08月12日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ワシントン発--もしあなたがギークで、今ワシントンDCにいるのなら、スミソニアン国立航空宇宙博物館が必ず訪れるべき場所の1つなのは間違いない。米連邦議会議事堂のすぐ西にある同博物館は、まさに航空宇宙に関する人工物の宝庫である。

 米CNETのDaniel Terdiman記者が同博物館を訪れ、歴史上で最も有名な航空機をいくつか見学した。

 名作映画「ライトスタッフ」のファンであるTerdiman記者は、この飛行機「Bell X-1」の魅力にとりつかれた。Bell X-1に搭乗したChuck Yeager氏は、初めて音速の壁を破ったパイロットになった。Bell X-1の大きさは、全幅28フィート(約8.53m)、全長30フィート11インチ(約9.42m)、全高10フィート10インチ(約3.30m)だ。重量は1万2250ポンド(約5550kg)で、Bell Aircraftが1946年に製造した。

 ワシントン発--もしあなたがギークで、今ワシントンDCにいるのなら、スミソニアン国立航空宇宙博物館が必ず訪れるべき場所の1つなのは間違いない。米連邦議会議事堂のすぐ西にある同博物館は、まさに航空宇宙に関する人工物の宝庫である。

 米CNETのDaniel Terdiman記者が同博物館を訪れ、歴史上で最も有名な航空機をいくつか見学した。

 名作映画「ライトスタッフ」のファンであるTerdiman記者は、この飛行機「Bell X-1」の魅力にとりつかれた。Bell X-1に搭乗したChuck Yeager氏は、初めて音速の壁を破ったパイロットになった。Bell X-1の大きさは、全幅28フィート(約8.53m)、全長30フィート11インチ(約9.42m)、全高10フィート10インチ(約3.30m)だ。重量は1万2250ポンド(約5550kg)で、Bell Aircraftが1946年に製造した。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 ワシントン発--もしあなたがギークで、今ワシントンDCにいるのなら、スミソニアン国立航空宇宙博物館が必ず訪れるべき場所の1つなのは間違いない。米連邦議会議事堂のすぐ西にある同博物館は、まさに航空宇宙に関する人工物の宝庫である。  米CNETのDaniel Terdiman記者が同博物館を訪れ、歴史上で最も有名な航空機をいくつか見学した。  名作映画「ライトスタッフ」のファンであるTerdiman記者は、この飛行機「Bell X-1」の魅力にとりつかれた。Bell X-1に搭乗したChuck Yeager氏は、初めて音速の壁を破ったパイロットになった。Bell X-1の大きさは、全幅28フィート(約8.53m)、全長30フィート11インチ(約9.42m)、全高10フィート10インチ(約3.30m)だ。重量は1万2250ポンド(約5550kg)で、Bell Aircraftが1946年に製造した。

-PR-企画特集