logo

グーグル、中国における今後の方針を正式発表--検索事業は香港へ

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟、湯本牧子、小林理子2010年03月23日 07時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleは、中国における今後の事業展開に関する最終的な決断を下した。同社は検索事業を香港へ移すことになる。

 Googleは、中国向けのGoogle.cnサイトを閉鎖し、検閲のない中国語の検索サービスを提供する予定のGoogle.com.hkへとユーザーをリダイレクトしている。同社は米国時間3月22日、中国における研究開発事業および販売拠点を維持していく方針も正式に発表した

 Googleは声明で、「いかにしてGoogle.cnで提供される検索から検閲を撤廃する約束を十分に果たしていけるのか、その手法を探ってきたものの、困難を極めた。われわれは、中国本土のユーザーを含む世界中の可能な限り多くの人々へ、われわれのサービスへのアクセスを提供していきたいと願っているものの、中国政府は、自己検閲の実施は交渉の余地のない法的な要求であるとの見解を曲げることはなく、それは協議を通じて徹底していた。Google.com.hkを通じて簡体字の中国語で検閲のない検索を提供する今回の新たなアプローチが、われわれの直面してきた難題への賢明な解決策となることを確信している。これはまったく合法的であり、中国内の人々が情報にアクセスする機会を意義深く増やすものとなる」と述べた。

 Googleは1月に、中国における事業方針へ変更を加えることを最初に表明しており、中国における検索結果の検閲を廃止する意向を示して、それが中国政府に受け入れられない場合にはGoogle.cnを閉鎖する可能性も示唆していた。同社はまた、中国から完全に撤退することを検討している可能性もほのめかした。

 同発表は、同社に対して仕掛けられたサイバー攻撃が引き金となっており、中国政府は否定してきたものの、複数のセキュリティ専門家は、同攻撃が中国政府のために活動するハッカーによってなされたと見ている。一連のサイバー攻撃は、30以上の米国企業に対して仕掛けられたとされ、Googleは、同社の知的財産権の一部が盗み出されたことを明らかにしている。

 しかしながら、Googleは1月以降、中国における事業方針についてほとんど明示してこなかった。Googleの関係者らは、公式ブログへの投稿以外に、中国での決断についてコメントを避けた。

-PR-企画特集