logo

フォトレポート:一足早く3D対応へ--「VIERA」と「DIGA」はどう進化したか - 7/18

加納恵(編集部)2010年02月10日 16時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 VT2シリーズでは、テレビ側が専用シャッターメガネに左右の切り替え情報を赤外線で送ることによって、映像が3Dで見られるアクティブシャッター方式を採用。その中でも3D化する際、左眼用、右眼用それぞれの画像がフルハイビジョン解像度で高画質再生ができるフレームシーケンシャル方式を用いた。

 なお、3D映像メニューから切り替えれば「サイドバイサイド方式」や「トップアンドボトム方式」などの3D映像も視聴できる。

 VT2シリーズでは、テレビ側が専用シャッターメガネに左右の切り替え情報を赤外線で送ることによって、映像が3Dで見られるアクティブシャッター方式を採用。その中でも3D化する際、左眼用、右眼用それぞれの画像がフルハイビジョン解像度で高画質再生ができるフレームシーケンシャル方式を用いた。

 なお、3D映像メニューから切り替えれば「サイドバイサイド方式」や「トップアンドボトム方式」などの3D映像も視聴できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]