logo

フォトレポート:一足早く3D対応へ--「VIERA」と「DIGA」はどう進化したか - 2/18

加納恵(編集部)2010年02月10日 16時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 パナソニックのデジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏は「新時代のテレビライフを提供するディスプレイデバイスは大画面のプラズマフルハイビジョン」とプラズマテレビにこだわって3Dテレビを開発した背景を話した。また共同プロモーションを手がけた映画「アバター」の興行収入が歴代1位となったニュースを挙げ「映画産業のあらゆるシーンで3D化は一気に加速している。これら映画化作品が家庭用ソフトになっていくのは当然の流れ。パナソニックではBlu-ray Discの3Dソフト制作でも業界をリードしていく」とハード、ソフトの両面で3D産業を担う方針を示した。

 パナソニックのデジタルAVCマーケティング本部本部長の西口史郎氏は「新時代のテレビライフを提供するディスプレイデバイスは大画面のプラズマフルハイビジョン」とプラズマテレビにこだわって3Dテレビを開発した背景を話した。また共同プロモーションを手がけた映画「アバター」の興行収入が歴代1位となったニュースを挙げ「映画産業のあらゆるシーンで3D化は一気に加速している。これら映画化作品が家庭用ソフトになっていくのは当然の流れ。パナソニックではBlu-ray Discの3Dソフト制作でも業界をリードしていく」とハード、ソフトの両面で3D産業を担う方針を示した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]