logo

フォトレポート:IBMのグリーンなデータセンター--エネルギー効率化技術の最先端

文:Martin LaMonica(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 一般的なデータセンターのよくある風景に見えるだろうか。実は、そうではない。この写真は、コネティカット州サウスベリーにあるIBMのグリーン・イノベーション・データ・センターの半分を収めたものだ。ここで、同社の社内ITスタッフは、グリーン化の限界に挑んでいる。この施設では、いくつかのIBM社内アプリケーションをホストしており、莫大な金額に相当するIBMハードウェアはもちろん、最新のエネルギー効率化技術が詰め込まれている。

 その1つがこの写真の右端に写っている。同社のハイエンド「IBM iDataPlex」サーバシステムのために設計された熱交換背面ドアだ。「Cool Blue」と呼ばれるこのシステムでは、ドアから冷水を循環させて、サーバのファンから排出される熱を冷却している。
Scroll Right Scroll Left

 一般的なデータセンターのよくある風景に見えるだろうか。実は、そうではない。この写真は、コネティカット州サウスベリーにあるIBMのグリーン・イノベーション・データ・センターの半分を収めたものだ。ここで、同社の社内ITスタッフは、グリーン化の限界に挑んでいる。この施設では、いくつかのIBM社内アプリケーションをホストしており、莫大な金額に相当するIBMハードウェアはもちろん、最新のエネルギー効率化技術が詰め込まれている。

 その1つがこの写真の右端に写っている。同社のハイエンド「IBM iDataPlex」サーバシステムのために設計された熱交換背面ドアだ。「Cool Blue」と呼ばれるこのシステムでは、ドアから冷水を循環させて、サーバのファンから排出される熱を冷却している。

提供:Martin LaMonica

 一般的なデータセンターのよくある風景に見えるだろうか。実は、そうではない。この写真は、コネティカット州サウスベリーにあるIBMのグリーン・イノベーション・データ・センターの半分を収めたものだ。ここで、同社の社内ITスタッフは、グリーン化の限界に挑んでいる。この施設では、いくつかのIBM社内アプリケーションをホストしており、莫大な金額に相当するIBMハードウェアはもちろん、最新のエネルギー効率化技術が詰め込まれている。  その1つがこの写真の右端に写っている。同社のハイエンド「IBM iDataPlex」サーバシステムのために設計された熱交換背面ドアだ。「Cool Blue」と呼ばれるこのシステムでは、ドアから冷水を循環させて、サーバのファンから排出される熱を冷却している。

-PR-企画特集