logo

フォトレポート:IBMのグリーンなデータセンター--エネルギー効率化技術の最先端 - 4/10

文:Martin LaMonica(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年10月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 これは、さまざまなセンサからのデータの収集と冷却システムの制御を行っているコントロールユニットだ。センサでは、室温データの取得のほかに、水冷システムで使用されている水の温度と流量も追跡できる。データの取得は、施設の温度の全体的な状況を理解するのには不可欠であるが、さらに難しいのは、大量の情報の意味を理解するのに役立つ分析および可視化ツールの構築だと、IBMのグリーン・イノベーション・データ・センターのプログラムディレクターであるPeter Guasti氏は語る。さらに、温度変化への対応を自動化する必要がある。つまり、同氏の説明によれば、あるサーバラックがほかよりも多くの負荷を処理しているために温度が上昇した場合、冷却システムはその特定の場所で温度を補正する必要があるという。

 このセンターでは、同社のモニタリングソフトウェア「Tivoli」の新バージョンのベータテストを行っている。Tivoliでは、データを取得して、データセンターの冷却と稼働に必要な電力を作業者が管理することができる。
Scroll Right Scroll Left

 これは、さまざまなセンサからのデータの収集と冷却システムの制御を行っているコントロールユニットだ。センサでは、室温データの取得のほかに、水冷システムで使用されている水の温度と流量も追跡できる。データの取得は、施設の温度の全体的な状況を理解するのには不可欠であるが、さらに難しいのは、大量の情報の意味を理解するのに役立つ分析および可視化ツールの構築だと、IBMのグリーン・イノベーション・データ・センターのプログラムディレクターであるPeter Guasti氏は語る。さらに、温度変化への対応を自動化する必要がある。つまり、同氏の説明によれば、あるサーバラックがほかよりも多くの負荷を処理しているために温度が上昇した場合、冷却システムはその特定の場所で温度を補正する必要があるという。

 このセンターでは、同社のモニタリングソフトウェア「Tivoli」の新バージョンのベータテストを行っている。Tivoliでは、データを取得して、データセンターの冷却と稼働に必要な電力を作業者が管理することができる。

提供:Martin LaMonica

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]