logo

今度はデュアル!全身タッチ!--進化する中国のタッチケータイ - (page 5)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文字入力もラクラク。ゲームや「ムフフ」も楽しめる?

 さてデュアルディスプレイで便利な機能はほかにもある。たとえば文字入力。中国トンデモケータイはタッチパネルに手書き文字入力が標準搭載だが、このLT C99は上のディスプレイは手書き、下のディスプレイはタッチでピンイン(中国語のローマ字)や英語直接入力が可能なのだ。簡単な文字は下画面から数字キーで入力、読みが難しい漢字は上画面で手書き、なんて使い分けもできる。

 また内蔵ゲームも画面の直接タップ、および下側ディスプレイにある方向キーによるタッチ操作にも対応している。まぁゲームの場合は下側画面がタッチパネルだろうが物理的な矢印キーだろうがどっちでもいいのだけどね。

 ちなみにこのLT C99、ゲームがやたらとインストールされているように見える。ところがそのほとんどが紹介だけで、利用するには別途ダウンロードが必要とのこと。でもこんなトンデモケータイでいったいどこのダウンロードサービスを利用すればいいんだろう?ほかのケータイの中身の表示だけをそのまま持ってきたって気がしないでもない。ほかにもゲームを選択すると「ディスクを入れてください」の表示が出るなど、どうやらゲームがたくさんはいっているように思わせたいだけのようだ。実際はゲームは4種類しか入っていない。

 ところでゲームメニューの中には男性にはちょっとムフフな「欲望空間」なんてメニューがある。中国でそんなのやっていいんですか先生!?いやトンデモケータイだからちょっとくらいこんなお遊びがあっても許されるんでしょうか?いやー、まぁレビューのためだから仕方なくメニューを開いてみることにしましょうか。あ、決してこの程度のケータイにすんごいあんなアレとかが入っているとか、期待などしていないぞ。あくまでもレビュー、仕事のために画面をスタイラスペンでタップしただけなのだっ!

 ところが……、ありゃりゃー!画面がちゃんと出ず途中で止まってしまう!うーんなんだかじれったいというか中途半端!まぁそんなコンテンツなんてどうせ入っていないんだから期待しちゃダメよってことなのね(涙)。

文字入力は上のディスプレイで手書き、下のディスプレイで数字キー入力可能 文字入力は上のディスプレイで手書き、下のディスプレイで数字キー入力可能(※画像をクリックすると拡大します)
ゲームももちろん、デュアルタッチ操作可能だ ゲームももちろん、デュアルタッチ操作可能だ(※画像をクリックすると拡大します)
やたらとゲームメニューが多い気がする。「欲望空間」がちょっと気になる(笑) やたらとゲームメニューが多い気がする。「欲望空間」がちょっと気になる(笑)(※画像をクリックすると拡大します)
ゲームによっては「ディスクを入れてね」表示。ゲームタイトルはあれどデータというかゲーム本体が入っていないのだ ゲームによっては「ディスクを入れてね」表示。ゲームタイトルはあれどデータというかゲーム本体が入っていないのだ(※画像をクリックすると拡大します)
起動しました「欲望空間」。こんな中途半端な画面で止まっちゃうなんてどーゆーこちゃ!。思わず金返せー!と叫びたくなる(笑) 起動しました「欲望空間」。こんな中途半端な画面で止まっちゃうなんてどーゆーこちゃ!。思わず金返せー!と叫びたくなる(笑)(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]