logo

MSバルマーCEOインタビュー--悩みの種は経済問題よりもグーグル - (page 4)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部2009年01月14日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--ここまでGoogleと経済の問題についてお話を伺いました。心配する時間としては、実際どちらがより多くの時間を占めていますか。

Ballmer氏:ほとんどGoogleのことばかり考えていますね。しかし実のところ、数カ月のうち一定の期間は、この景気について本当はどう考えているか、1年で終わるような不況なのかリセットなのか、そして、新しく立て直したところで、どのように結果を理解し、その結果に基づいてどのように行動したらいいのかといったことを検討していかなければなりません。

 したがって、もう少し景気について時間を費やしている時期が一時的にあると言っておきましょう。しかし、わたしが経済をコントロールすることはできません。競争力を推進し、コントロールし、影響を及すことはできるので、わたしのエネルギーのほとんどはそのことに注がれるでしょう。

--過去にMicrosoftは、一部を削減することで典型的な不況を幾度か切り抜けて来ました。今回の不況に対して講じる対策が何であれ、これまでに実施しなければならなかった対策よりも大規模なものになると言って差し支えありませんか。

Ballmer氏:この件についてコメントするには時期尚早です。つまり、実際のところ、経済は低迷しているのではなく、ちょっとしたリセットが起きているのです。低迷とリセットは全く異なり、リセットがわれわれに意味することを真に突き止めようとしています。

--Officeに関しての最大の変化の1つは、個人と企業がまもなくウェブ上でOfficeにアクセスできるようになることです。どんなことが可能になりますか。

Ballmer氏:2つの側面があります。1つは、自分のPCではないPCを使用している時に、Officeにアクセスできるかという点です。自分のPCではなくても、いくつかにアクセスできるでしょう。素晴らしいことです。一般にはすべての機能が必要とされます。2つ目は、ユーザーが生産環境内で協力し合う上で、より便利になるものを継続して提供できるかという点です。こちらの方が重要な点だと考えていますが、両方実現します。新しいOfficeのリリースで両方のテーマを推し進めています。

 それは重要なことであり、新しいシナリオもいくつか可能になるのですが、「ブラウザで『Excel』やExcelの一部を実行できるなんてすごいことだ」とは言いません。そのこと自体が飛躍的な発展なのかよく分かりません。Googleやユーザーはとにかく騒ぎ立てたいようですが、わたしにはよく理解できません。

--Bill Gates氏がMicrosoftの常勤から財団(Bill and Melinda Gates foundation)の仕事をするようになってから数カ月がたちました。それが意味すること、つまりMicrosoftにおける変化という点で、それが意味したものに驚くことはありますか。

Ballmer氏:特に驚くようなことはないと思います。わたしたちは規則的なリズムで落ち着こうとしています。Billとわたしは定期的にランチをし、取締役会で同席して顔を合わせています。Billは社内のいくつかのグループと定期的に会議も開いています。Billは時間の使い方を考えていると思います。驚きといったものはないと思います。

--あなたが呼ぶこのリセットは、Microsoftが現在進めている事柄の一部で停止を余儀なくさせると思いますか?

Ballmer氏:マクロレベルでは、進めてきたことに変わりはないでしょう。ミクロレベルでは、これだけ多くの人員を抱えている一部の事柄において規模を適正化した方がよく、つまり、恐らくこれくらいの人員となるでしょう(と述べ、小規模な成長を示すように両手を近づける)。ただ、どちらかと言えば、一部プロジェクトはより一定に保たれると言った方が良いと思います。それほど理にかなっていると思えないこともあるでしょうが、分かりません。これらすべてがどうなるかは見守る必要があります。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]