logo

アドネットワークは日本に定着するのか? - (page 2)

執筆:佐瀬和久 アドバイザー:福島慎一 監修:海老根智仁(株式会社オプト)2008年08月25日 15時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でアドネットワークは成功するのか

 冒頭でも述べましたように、最近になり日本でもアドネットワーク事業への参入を発表する企業が増えています。おそらく、発信される情報量の増加やインターネットサービスの普及により、ユーザーのライフスタイルやニーズの複雑化、多様化が起こり、ターゲット設定やアプローチ手法の不確実性が生まれてきたからではないかと考えられます(米国でこれらの広告モデルが生まれた背景と同様です)。

 さて、前述の米国事例にもあるように、アドネットワークの成長には十分なUU数の確保、高いリーチの獲得が欠かせません。しかしながら、現在の日本においては、それらを満たすことは大変難しいと予測されます。要因としては、下記の2点が考えられます。

  1. 日本では圧倒的な利用者を確保しているYahoo! JAPANの存在
  2. 日本独特の文化であるメディアレップの存在

1.圧倒的な利用者を確保しているYahoo! JAPANの存在

 米国と日本のUU数TOP5を比較してみると、米国においては、上位4サイトは1位、2位のGoogle、Yahoo!が頭1つ飛び出しているもののほぼ横並びの状態にあります。

 しかし、日本においては、Yahoo! JAPANが2位に2倍弱の差をつけて圧倒的なUU数を確保していることが見て取れます。さらに、上位50サイトで比較してみると、その1人勝ち状態は明らかです。米国では、ある程度複数のサイトに利用者が分散していますが、日本では、Yahoo!Japanに依然集中しているという状況があるのです。

米国UU数上位50サイト(単位:千UU)
順位米国TOP5UUReach
1Google Sites141,61374%
2Yahoo! Sites140,08074%
3Microsoft Sites119,67764%
4AOL LLC110,84158%
5Fox Interactive Media85,99846%
comScore Media Metrix調べ(2008年6月)
日本UU数上位50サイト(単位:千UU)
順位日本TOP5UUReach
1Yahoo! Japan42,75388%
2楽天22,10945%
3fc2ブログ20,89643%
4Google18,94739%
5wikipedia18,92239%
ネットレイティングス調べ(2008年6月)

 下の図は上記の表をグラフ化したもの。

米国UU数上位50サイト 米国UU数上位50サイト comScore Media Metrix調べ(2008年6月)
日本UU数上位50サイト 日本UU数上位50サイト ネットレイティングス調べ(2008年6月)

2.日本独特の文化であるメディアレップの存在

 媒体社発のアドネットワーク参入が相次いでいる今こそ、今までメディアの代表窓口として存在したメディアレップが、大型アドネットワークの構築を進めるべきだと思います。

 現在では、力をつけた媒体社が単独でアドネットワーク構築に動くということが見受けられますが、その部分をメディアレップが旗振りし、1つの大型アドネットワーク構築を行ってもいいのではないでしょうか。サイバー・コミュニケーションズ(cci)、デジタル・アドバタイジング・ コンソーシアム(DAC)といったメディアレップ各社は、それぞれ、ADJUST、impActネットワークというアドネットワークを保有していますが、テクノロジーに耐えうるUU数は確保できていないように思われます。

 また、ただ単純に媒体を束ねるだけでは、Yahoo! JAPANとの差別化は図れないと考えられるため、ターゲティング技術の開発や広告メニュー体系の多様化などで付加価値をつけていく必要性があるでしょう。

 今後、日本でアドネットワークが成長、成功するには、2つの要素が必要になると思います。

 1つ目は、大型アドネットワークの構築や、UU数は少なくとも、ある特定の分野のサイトを集めたバーティカルアドネットワーク(専門アドネットワーク)の構築です。また2つ目は、日本特有のターゲティング技術の発展と多様な配信方式、配信フォーマットを組み合わせられる広告メニュー体系の構築です。

 これらが整ってきたならば、日本においてもアドネットワークが成功する可能性は大いにあるのではないかと考えます。

佐瀬和久株式会社オプト
メディア営業2部 部長 兼 メディア営業3部 部長

学習院大学経済学部卒業。卒業後、経営コンサルティングファーム、大手インターネット媒体社を経て、2005年10月にオプトへ入社。入社後、大手金融会社の営業を担当、2007年7月に社内にてSEM研究所を設立。現在は、メディア営業2・3部の部長として、主にモバイル、SEM関連商材の営業を担当。デジタルハリウッド大学院在籍、日本ダイレクトマーケティング学会会員。主な論文は「クッキーデータを活用した次世代ダイレクトマーケティング」。Blog「admaniaの備忘録」を連載中。

福島慎一株式会社オプト
経営戦略部

外資系光学機器メーカーを退職後、渡米。カリフォルニア州立大学サクラメント校を卒業後、2005年1月(株)オプト入社。マーケティング部配属となり、ネット広告全般のプランニングや調査など経験。現在、経営戦略部に所属し、海外の市場動向を探る。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]