沖電気、SIP対応オフィス向けIP電話スーパーホンIPを発売

ニューズフロント2004年12月22日 14時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は12月22日、Session Initiation Protocol(SIP)対応のオフィス向けIP電話スーパーホンIPの販売を同日開始すると発表した。税込み標準価格は2万5725円。出荷開始は2005年2月1日。

 スーパーホンIPは、サービス品質確保のためIEEE 802.1p/Q規格に対応。データ通信との統合環境下でも、安定した音声品質を実現するという。IEEE 802.3af type-a/bに対応しているためLANケーブルから給電可能で、コンセントのない場所にも設置できる。G.711、G.729、G.723形式の音声圧縮機能を備える。

 オンフックダイヤルやリダイヤル、受話音量調整、保留、ワンタッチダイヤルなど、オフィス用電話としての基本機能に加え、電話帳や発着信履歴表示/発信といった機能を持つ。さらに、話中転送や不応答転送など標準的なSIPだけでは実現できない電話サービスも、IPテレフォニサーバIP CONVERGENCE Server SS9100と接続すれば提供できる。

 大きさは、幅170×奥行き190×高さ46mm。重さは820g。

 同社は、販売開始後1年間で2万台の販売を目指す。

沖電気工業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加