ネット選挙運動解禁で日本は変わる?

2013年4月19日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットを活用した選挙運動を7月の参議院選挙から解禁する公選法改正案が、4月19日午前の参院本会議で可決、成立しました。今後は、ウェブサイトやTwitter、Facebookなどを使った選挙運動が可能になります。


 ネットを使った選挙運動が可能になることで、日本は変わるのでしょうか。また、どのような問題点が考えられますか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせて下さい。


  • 村井亮
    村井亮さん (ビートコミュニケーション代表取締役社長)
    インターネット選挙運動解禁法案可決よくがんばってくれました。今迄の選挙では地盤、看板、鞄が大きく影響してきて、無名で資金力もない候補者が当選する事はなかなか難しかった。インターネット選挙運動解禁によりそれ等3つの基盤がない候補者が表舞台に出やすくなる。インターネット選挙運動解禁において政治家とあらゆる世代の市民との対話も活性化し、政治や政策は市民にとってより身近なものになる。インターネットに明るい候補者が当選し、表舞台に出てくることにより日本の施策も若返りそうだ。弊社でも候補者を支援するサービスを提供させていただいているが、( (リンク ») )インターネット選挙運動解禁が日本が若返る大きな一歩になってくれると嬉しい。
    2013-04-23 16:05:42
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加