logo

ネット選挙運動解禁で日本は変わる?

2013年4月19日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットを活用した選挙運動を7月の参議院選挙から解禁する公選法改正案が、4月19日午前の参院本会議で可決、成立しました。今後は、ウェブサイトやTwitter、Facebookなどを使った選挙運動が可能になります。


 ネットを使った選挙運動が可能になることで、日本は変わるのでしょうか。また、どのような問題点が考えられますか。パネリストの皆さんのご意見を聞かせて下さい。


  • ネット選挙活動はずっと支持してきたので、これで変わるか?というよりも「これで変えるんだ!」という意気込みが強いです。 ネットやソーシャルメディアの本質は、 「情報を届けたい人と受け取りたい人を、時間や距離の制約を超えて直接つなぐ」 ことにあります。 ネット選挙活動の解禁により、テレビや新聞などのフィルターを通じてしか情報を得られない現...
  • インターネット選挙運動解禁法案可決よくがんばってくれました。今迄の選挙では地盤、看板、鞄が大きく影響してきて、無名で資金力もない候補者が当選する事はなかなか難しかった。インターネット選挙運動解禁によりそれ等3つの基盤がない候補者が表舞台に出やすくなる。インターネット選挙運動解禁において政治家とあらゆる世代の市民との対話も活性化し、政治や政...
  • もちろん変わる。しかし今回の選挙の勝ち負けはある程度決まっているので、あまり急激な変化はないだろう。次の衆院選のリハーサルと思うべきだ。 ちなみに僕はソーシャルメディアというより、オウンドメディアの活用支援を手がけている。ライトな支援者の建前よりも、コアな支援者の本音を拾う仕組みを提供したいと思っている。
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集