logo

グーグルがモトローラ・モビリティを買収 その影響は

2011年8月16日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 検索大手Googleは米国時間8月15日、Motorola Mobilityを125億ドルで買収することで合意したと発表しました。Motorola Mobilityの8月12日の株価終値に63%のプレミアムを付した買い取り額を提示したものです。


 今回の買収は、「Android」普及戦略上障壁となりつつあった訴訟問題への解という側面を持っています。ここ数カ月間、AppleやOracleなどが、競合企業のけん制とライセンス料の徴収を目的としてGoogleやそのパートナー企業を提訴していました。


 パートナー企業の反応も出始めています。Androidを採用した製品を展開している携帯端末大手企業は、この決定を「Androidのエコシステムを防護するもの」とするコメントを発表しました。


 Googleは声明文の中で「Androidは今後もオープンです」「GoogleはMotorola Mobilityを独立した事業として展開します」と述べています。


 2011年第2四半期分の調査ではスマートフォンの世界シェアの43.3%を占めるに至ったとされるAndroid。今回の買収の影響やGoogleの携帯端末市場における今後の動きについて、パネリストの皆さんのご意見をお聞かせください。



  • 後藤 康成
    後藤 康成さん (フィードパス株式会社 取締役 CTO)
    これまでの流れからみて、グーグル自らがAndroidデバイス(スマートフォン/スマートパッド)を市場投入するのは十分に予想できたことであり、今回握手するディール相手がモトローラであっただけという印象です。63%の株価プレミアムには驚きましたが。

    (ラリーがオープン性は保たれると言っている通りですが、)現在のマーケットの成長を見る限りプロプラエタリなソフトウェアとするメリットも見当たらないですね。ただしモトローラは(AndroidのOSレイヤーではなく)アプリケーションレイヤで、グーグルサービスとのネイティブな連携ができるアドバンテージがあることには否定できませんが。

    利用者としては、モトローラを含めた端末メーカの間でフェアな競争原理がうまく働き、魅力的なAndroidデバイスがどんどん出てきて欲しいものです。ユーザーに支持されなければ端末メーカは生き残れないのですから。
    2011-08-16 18:26:04
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集