お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Android端末4大メーカー、モトローラ・モビリティ買収でコメント

2011/08/16 11:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」携帯電話の4大メーカーであるサムスンとHTC、LG Electronics、Sony Ericssonは、Googleが予定しているMotorola買収によって、特許侵害訴訟から保護される見通しが立ったことをこぞって賞賛した。

 Googleは米国時間8月15日、最高経営責任者(CEO)のLarry Page氏がMotorolaを125億ドルで買収すると発表した少し後に、4大メーカーの奇妙に似通った支持声明を同社ウェブサイトに掲載した。サムスンとHTCは既にAppleの特許侵害訴訟の標的になっている。

 当然、各携帯電話メーカーのリーダーは、人気の高いモバイルOSに関して依存しているGoogleが直接的なライバルになろうとしていることには言及していない。Motorola Mobilityを新部門として運営するというGoogleの野望は、多くの不満を生むに違いない。また、Microsoftの「Windows Phone OS」がモバイルエコシステムのどこに収まるかを評価し直すきっかけを与えるかもしれない。

 しかし、4大メーカーが進んで支持声明を出したということは、GoogleがAndroidパートナーに対して望ましい特許保護条件を少なくとも提供していることを示している。また、考えられる別の結論としては、例えば、GoogleはAppleやMicrosoftなどの企業によるNortelの特許買収に反対しているが、Googleがそれと同じようにAndroid携帯電話メーカーからの反対に直面することはないというものもある。Googleが規制当局に対して競争を阻害していないと納得させるのに苦労していることを考えると、その点は重要かもしれない。

 GoogleのMotorola買収計画に関して、4名の幹部が出したコメントは以下の通りだ。

  • 「われわれはこのニュースを歓迎する。これは、GoogleがAndroidと同社パートナー、およびエコシステムの保護に真摯に取り組んでいることを示している」--サムスンのモバイルコミュニケーション部門担当プレジデントのJ.K. Shin氏
  • 「わたしは、GoogleがAndroidと同社パートナーの保護に真摯に取り組んでいることを歓迎する」--Sony EricssonのCEOのBert Nordberg氏
  • 「われわれはMotorola買収のニュースを歓迎する。これは、GoogleがAndroidと同社パートナー、および全体的なエコシステムの保護に真摯に取り組んでいることを示している」--HTCのCEOのPeter Chou氏
  • 「われわれは、GoogleがAndroidと同社パートナーの保護に真摯に取り組んでいることを歓迎する」--LG ElectronicsのMobile Communications CompanyのCEOであるJong-Seok Park氏

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社