ジョブズ氏をどう評価する?

2009年1月20日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのCEO、Steve Jobs氏が6月末までの間、病気治療のための休暇をとることを明らかにしました。Jobs氏の健康状態をめぐっては過去にさまざまな議論が交わされ、今回の休暇報道でAppleの株価は急落しました。

 普段は新製品の発表会などでしか目にしないJobs氏ですが、その進退になぜこれほどまでに注目が集まるのでしょうか。Jobs氏の偉大さはどこにあるのでしょう。パネリストのみなさんのご意見をお聞かせください。


  • 加藤順彦 / @ykatou
    加藤順彦 / @ykatou さん (ベンチャー起業家を支援&投資する人)
    素晴らしいビジョナリー起業家の轍を「評価する」なんておこがましいとは思うんですけど、やはり創業者としての評価は一線を退かれてから、と思います。

    如何に偉大な企業が後世に続いたか、ということが後の評価の大方とならざるを得ないと思うからです。

    加藤は大川 功さん (リンク ») が好きで、今も生前生後のCSKセガグループの変遷をよく振り返っているんですど、、やはりカリスマの強い人であればあるほど、組織内における属人的な存在感・リーダーシップが大きいことは避けられません。

    それを前提に、哲学やブランドを、後世の製品やサービスに昇華させていくサス
    テナブルな仕組みを遺すことが創業者(本人+残るボードメンバー)の退き際の仕事だと思います。

    そういった意味では、むしろこれからこそが氏の大仕事なんではないではないでしょうか。
    ジョブズさん、応援してます。大ファンです。
    2009-01-20 17:31:00
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加