MSのウェブ版Officeが登場--オフィス製品の行く末は?

2008年10月30日 03時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがウェブブラウザで動作するOfficeアプリケーションを披露しました。Internet Explorer、Firefox、Safariなどの一般的なウェブブラウザで動作し、モバイル版、PC版などとシームレスに切り替えながら、ドキュメントを編集できるそうです。

 ライバルと目されるGoogle Appsは個人ユーザーだけでなく、法人顧客の注目も集め始めています。MSのウェブ版オフィスも、個人にはOffice Liveを通じて、法人ユーザーにはホスト型のプログラムなどを通じて提供される予定です。

 これまでOffice製品は有料のパッケージ版として提供されてきました。これがウェブで使えるようになると、MSのビジネスモデルはどのような影響を受けることになるでしょうか。また、ウェブベースのOfficeアプリの意義を長年にわたって疑問視してきたMSが方向転換したことで、オフィスソフトの主流はオンラインに移行していくのでしょうか。パネリストの皆さんの意見を聞かせてください。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)

    Google vs MSの話については2005年に書いたBlogエントリでの予言の通りに進んでいる。(20世紀少年?)

    (リンク »)
    (リンク »)

    MSは既存のインストール型Windows+Officeの延命と、クラウド型Windows Azure(なんだ、このネーミングセンスは?)+Office簡易版の普及という、自己矛盾するミッションによって疲弊し、どんどん弱体化していくだろう。それがいやなら、一気にクラウドへの道へと進むしかない。

    Googleは実はGoogle Appsでは儲けようとはそれほど持っていないと思われる。無償版を使ってもらえればいい。広告で儲けるんだから。
    ただ有償版を出しておかないと、MSから営業妨害だと訴えられるから、いやちゃんとビジネスとしてやってますよ、MSの商売へのいやがらせだけではありませんよ、とポーズをとっている。

    とにかく非常に(いい意味で)狡猾な会社なのだ、Googleは。MSもまたそういう会社だったが、初めて己を上回る相手として、Googleに恐怖を覚えている、というのが現時点の状況だと思う。

    2008-10-30 12:44:24
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加