国内ベンチャーの海外進出ってどうなの?

2008年2月23日 00時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界に通用するサービス・製品が日本から出てこないと言われているなか、日本のベンチャー企業が海外に進出する例が目立ってきました。提供するサービスを多言語化して海外の利用拡大を図ることは珍しくありませんし、また国外に拠点を設立して、本格的に海外進出に乗り出す企業もあります。最近のニュースでも、渡米した元サイボウズ創業者の高須賀宣氏が統合ウェブアプリケーションソフト「LUNARR」をリリースしたり、ライブドアが海外のエンジニアを巻き込むためにRSSリーダーのオープンソース版を公開したりするなど、話題に事欠きません。一方で、改めて京都をモノ作りの拠点に定めたはてなのように、日本の中からシリコンバレーのような場所を創出し、インターネット産業の流れを変えたいと考える企業もあります。

 日本のベンチャー企業と海外進出、あるいは国内の活性化。パネリストの皆さんはこれらのテーマについてどのような意見をお持ちでしょうか。


  • 神田敏晶
    神田敏晶さん (ビデオジャーナリスト)
    ボク自身が、シリコンバレーのバブル撤退組(2000年)の一人でもありますが、日本って中途半端に自国でなんとかなってしまう規模が問題ではないでしょうか?

    自国だけでもなんとかなってしまう規模だから、あえて国外を見ないでもすむというファイヤーウォールに守られている状態だといえるのです。

    また、海外からも日本は、中国同様に現地にパートナーがいないと文化的に参入できないと思われています。

    しかも、日本語という1億3000万人しかユーザーがいない特殊な言語のコミュニティは非常に強固であり、参入障壁を高くしています。それらに守られて、絶対的に脅かされない状況で日本のネットビジネスは成立しています。

    反対に、海外は、幾多の同様なサービスの中でも、ギークなエンジニアに支えられたほうが、現在は話題になっているようです。

    さらにIMやdiggなどでリアルタイムに面白い情報が伝搬していくソーシャルメディアが世界的に機能しています。

    はてなブックマークも愛用していますが、日本語サイトが主なので、世界ではマイノリティーになります。日本語のコンテンツは、世界では当然ながら支持されません。

    ウェブアプリケーションを開発する時に、日本語のコンテンツと英語のコンテンツ、メニューだけでも英語というアプローチは日本にいるだけでも十二分にやる意味があると思うのです。

    世界的に見ても、ウケそうなサービスがあるにもかかわらず、海外に出るというアイデアがない、もしくは、日本で成功してから世界という図式があります。

    せっかく、世界のだれもがアクセスできる環境なのだから、英語のアドセンスを貼って外貨を稼ぎながら、チャンスを見極めてもいいころだと思います。

    そろそろ、日本も長くなったので、海外進出してみたくなってきています。








    2008-02-25 19:40:59
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加