MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 神田敏晶
    神田敏晶さん (ビデオジャーナリスト)
    金曜日の夜に、このニュースを聞いた時、「ああ!ついにこんな日がやってきてしまった!」という暗い気分でした。

    米Yahoo!の株価をNYの市場明けに釘付になりながら、なんとかこのご縁談は破断にならないかと心から願っています。

    こちらにも書きましたが (リンク »)
    Microsoftとはカルチャーが違いすぎると思うのです。腐ってもヤフー!は鯛です!。

    ネット企業がこぞってメディアを志向したのですが、世界は一巡して、コミュニケーションやコミュニティ・ポータル、個々人のレコメンドや購入者のオピニオン、インフルエンサーのコメントに関心を寄せている。

    Yahoo!Pipes  (リンク »)  のような自分専用アプリケーションが作れたり、Flickrやdel.icio.usとの連携にまだまだ取り組める余地があるはずのYahoo!
    起死回生にかけてまだまだやれることは多い。
    しかし、悲しいかな、上場している以上、株の支配の世界。いっそのこと、ホワイトナイトとして、Googleやそれ以外のITとの友好的な買収を望みたい。

    2008-02-04 13:30:51
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加