MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 大西宏
    大西宏さん (マーケティング・コンサルタント)
    実現してもおかしくはないでしょうが、「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かすというよりは、かえってグーグル支配を強化する結果となりかねません。

    ブログにも書きましたが、マイクロソフトとヤフーは展開しているサービスがほとんど同じであり、統合メリットがでてくる分野は少ないと思います。メッセンジャーのサービスぐらいでしょうか。

    グーグルと対抗したいのは検索でしょうが、むしろ統合することで、それまでヤフーやマイクロソフトの検索を使っていたユーザーがかえって流出するリスクも発生します。マイクロソフトとヤフーのシェアを足し算を狙っているのかもしれませんが、弱いもの同士がくっつくと、1+1=1、つまりパワーが半減するということすらありえる話で、さらにグーグルの独占体制が強化されるという結果ともなりえます。それがシェアの力学です。
    バナー広告でのシェアはアップするでしょうが、そちらを狙っているということですか。

    さらに自由に動けていたヤフーはマイクロソフトと合併すれば、独禁法の監視下に置かれ、自由度が奪われることにもなりかねません。

    また異なる文化を持っている両社がうまくいくかどうかは疑問で、エンジニアの流出すら危ぶまれます。この買収提案を受けて、さっそくヤフーがグーグルとの提携を申し入れたというロイターのニュースが流れていましたが、こちらのほうが衝撃的です。

    マイクロソフトはよほど嫌われ者ということでしょうか。ポータルのヤフー、つまりバナー広告の王者と、リスティング広告の王者グーグルが提携するとなると、ネットに巨大な独占企業が誕生することになり、いよいよグーグル帝国が生まれることになります。それは情報の一極支配を生みかねずなにが起こるのかちょっと危ういですね。

    マイクロソフトは寝た子を起こしてしまったかもしれません。
    2008-02-04 11:10:58
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加