logo

MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?

2008年2月4日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月1日、MicrosoftがYahooに買収提案したことを明らかにしました。提示された買収総額は446億ドル。MicrosoftはYahoo に対して、1月31日の終値19.18ドルに62%のプレミアムを加えた、1株あたり31ドルを提案しています。MSの最高経営責任者 Steve Ballmer氏は、「一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と述べています。果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 本間毅
    本間毅さん (Business Strategy, Sony Electronics Inc. Digital Reading Business Division)
    大変そうだけど、面白そう!というのが第一印象です。

    カルチャーの違う会社を買収で一つにするのはかつてのAOLの例を見るまでもなく、相当大変ですが、もしうまくいったらすごいことになると思います。

    例えば、VistaとWin MobileとOfficeに全部Yahoo!連携機能が入ったらどうなるかを考えれば分かりますが、現在のMicroSoftのタッチポイント全てをメディアビジネス化することを考えると、Yahoo!の持つアセットは計り知れない価値を持つでしょう。

    もちろんカルチャーが全く違うのですぐに大きな変革が起きるかどうかは分かりませんが、
    ちなみにこの買収提案で最も大きな課題は、海外のメディアが全く伝えないYahoo! JAPANの問題と、あとは本社をどこにするかだと思います・・。(Yahooの本社をシアトルに移せば、リストラ的な効果はあるかも知れませんが)

    まずは成り行きに期待と言うところです。
    2008-02-04 17:05:51
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集