logo

日本語版登場でどうなるSecond Life?

2007年7月30日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、Second Lifeの日本語版がようやく登場しました。一般的なインターネットユーザーの間で流行るのか、ビジネスチャンスはあるのか--これまで賛否両論が飛び交いつつも、「日本語が登場すれば良くも悪くもはっきりするのでは…」と言われてきたSecond Life。皆さんはどのように利用していますか。また、日本語版という環境が整ったSecond Lifeの今後をどのように見ていますか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya
    クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuyaさん (コンサルタント、経営アドバイザー)
    まだやってません。

    なんとなくの印象ですが、「セカンド」というほど自分の分身になりきってないし、「ライフ」というほど現実世界の複雑さ(やおもしろさ)が投影されてもいない、という気がしています。すなわち、プロダクトがコンセプトに追いついていない状態、のような。

    で、そのギャップを補って余りある魅力(たとえばデザインや希少性)でもあればまだしも、それを埋めるコスト(時間や費用)をユーザが負担するというのは、なかなか受け入れにくいものです。おそらく今後も私はやらないだろうでしょう。

    ただ、このコンセプト自体には可能性があると思っています。昔々、MOO(Mud Object Oriented)というキャラクタベースの仮想空間で、あれこれ遊んでいたのですが、自分が作ったものをみんなで遊んでみるという体験は、ネットの原理的な楽しさの一つです。

    なので、セカンドライフがイマイチだからといってこの領域全体がダメということではないし、むしろいろいろなプラットフォーム(ゲーム機やスマートフォン)に展開したらどうなるだろう?ということは、いずれ機会があれば考えてみたいところです。
    2007-07-29 14:53:56
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集