LINEヤフー、ショート動画「LINE VOOM」の収益化プログラムが一般公開

 LINEヤフーは5月14日、「LINE」内のショート動画プラットフォーム「LINE VOOM」において、ショート動画投稿により収益を受け取れるクリエイター向けプログラム「LINE VOOM Creator Program」を一般公開した。

 LINE VOOMは、LINE内でショート動画などが楽しめる動画プラットフォームとして展開。LINE VOOM Creator Programでは、これまでのべ1万人を超えるクリエイターが登録。今回、プラットフォームのさらなる活性化を目的として、これまで一部のクリエイターに公開してきた機能やサービスを全クリエーターに向けて公開する。

 一定の条件を満たした投稿のうち、再生回数などに応じた収益が得られる、コンテンツ投稿の収益化をはじめとして、キャンペーンへの参加やコンテストの開催、「LINE VOOM Studio」を通じたダッシュボードの利用といったサービスや機能が実装される。

「LINE VOOM Studio」ダッシュボードイメージ
「LINE VOOM Studio」ダッシュボードイメージ

 今後、視聴中心だったユーザーがクリエーターになるための投稿ガイド提供のほか、動画投稿が楽しくなるようなキャンペーンの提供なども実施予定としている。

「LINE VOOM Creator Program」特設サイト
「LINE VOOM」公式サイト(スマホ専用サイト)
ニュースリリース

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]