マイクロソフトとボッシュ、生成AIで自動運転技術の改善を目指す--安全性と利便性を向上

 Robert Boschは、生成AIの活用で自動運転技術を改善し、安全性と利便性の向上につなげるため、Microsoftと協業すると発表した。

自動運転向け生成AI開発で協業(出典:Bosch)
自動運転向け生成AI開発で協業(出典:Bosch)

 両社は、自動運転車に生成AIを応用し、自動運転の機能向上を図る。それにより、車両内の利便性を高めると同時に、歩行者を含む「すべての道路利用者の安全性を高める」としている。

 たとえば、道路にボールが転がり出てきた場合、人間のドライバーは子供の飛び出しを予測してブレーキをかけるなどの回避行動をとる。また、道路に落ちている物が何なのかに応じて操作をする。生成AIは、このような状況で適切な判断をするのに役立つという。

ボールが転がり出てきたら、子供の飛び出しを予測(出典:Bosch)
ボールが転がり出てきたら、子供の飛び出しを予測(出典:Bosch)

 なお、BoschとMicrosoftは、クラウドと連携して機能するソフトウェア定義自動車(Software Defined Vehicle:SDV)の実現に必要な、自動車向けソフトウェア定義プラットフォームの共同開発に取り組んでいる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]