KDDIやJALなど6社、ドローンを活用した医療物資輸送--レベル4飛行を見据え

 KDDI、KDDIスマートドローン、日本航空、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ウェザーニューズ、メディセオの6社は1月18日、レベル4飛行を見据えたドローンの長期運用として、ドローンを活用した医療物資輸送を2月1日から実施すると発表した。

キャプション

 実施期間は、2月1日から2月28日までの平日。10時頃から16時頃まで、1日最大5往復、片道飛行を予定する。なお、飛行時刻については、当日の天候や準備状況を勘案し、決定するという。使用機体は、ACSLの「PF2-LTE」。

 飛行ルートは、東京都あきる野市にある公立阿伎留医療センターからエスアールエル セントラルラボラトリーまでの約120m。レベル4飛行でのドローン運用を想定し、物流用ドローンの自律飛行による医療物資輸送を行う。

キャプション

 同実証においては、離着陸や飛行中の無人化を見据えた遠隔運航管理のオペレーションと、長期運用における検体輸送(研究用検体)における品質管理を検証する。

 なお、同実証は、2022年12月5日に施行された改正航空法で「有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)」が可能となったことを機に行うもので、都内におけるドローン物流サービスの早期の社会実装を目指すものとなる。今年度は飛行実証やオペレーションの確認を行い、2023年度以降のレベル4での飛行実証の基礎を確立することを目指す。

キャプション

 2022年2月に隅田川で実施した医薬品配送では3日間の実証となっていたが、今回は1カ月間の長期運用を行うことで、技術面やビジネス面および、制度面の課題を抽出。医療物資のドローン物流ビジネスの社会実装に貢献していくという。

 さらに、地域の小学校で、児童を対象としたドローン物流に関する教室を1月25日(予備日2月8日)に開催する。同イベントでは、ドローンの安全管理の仕組みや法制度についての説明、社会受容性に関する調査、実際に使われる機体を用いたプロモーションフライトなどを行う。

キャプション

 プロモーションフライトでは、公立阿伎留医療センター駐車場から小学校校庭までの約800mを飛行する。

 都市部におけるドローンサービスの実現には、地域住民を含む第三者上空の飛行が必要となる可能性が高いため、事業性の確保だけでなく、社会受容性向上が必要不可欠。同イベントを通じて、ドローンの利便性・安全性に関する情報発信し、ドローン物流ビジネスの社会実装における課題のひとつである、地域住民の認知度・理解度向上を目指すという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]