日本のiPhoneは「世界最安」、円安で訪日客の購入増加も--MM総研調べ

小口貴宏 (編集部)2022年06月15日 09時40分

 MM総研は6月14日、世界34の国と地域を対象にした調査で、日本のiPhoneの販売価格は世界最安だったとの結果を明らかにした。

2022年6月1日時点の為替レートで円換算で比較した(出典:MM総研)
2022年6月1日時点の為替レートにもとづき円換算で比較した(出典:MM総研)

 同調査では、2022年6月時点の各国販売価格を6月1日時点の為替レートにもとづいて円換算で比較した。対象モデルは「iPhone 13 128GB」、「iPhone 13 Pro Max 1TB」、「iPhone SE第3世代 64GB」(以下SE3)の3モデルとした。

 調査結果によると、2022年6月時点の日本販売価格は、iPhone 13が9万8800円、iPhone 13 Pro Maxが19万4800円、iPhone SE3が5万7800円で、いずれも世界最安だった。

 比較的円安が進んでいなかった2021年9月の為替レートで比較しても、iPhone 13が2番目、iPhone 13 Pro Maxが3番目、iPhone SE3が11番目に安く、総じて日本の販売価格は安かった。

 2022年6月時点で、iPhone 13の販売価格が日本に次いで安いのは香港だった。香港は消費税や付加価値税がないのも特徴的だとした。以下、タイ、韓国、マレーシア、台湾といったアジア圏の安さが目立った。アップル本社のある米国では、iPhone 13が8番目、iPhone 13 Pro Maxが4番目、SE3が3番目と、比較的安い価格に設定されていた。

 最上位モデルであるiPhone 13 Pro Maxの日本以外33の国と地域での平均価格は、2022年6月時点で25万6855円だった。日本では同モデルを世界平均より6万2000円も安く購入できるという。

iPhone 14(仮)は最大4割値上げも

 例年、秋に発売されるiPhoneの最新モデル(仮称:iPhone 14)は、iPhone 13と比較して最大2割の値上げが懸念されるという。MM総研はこの要因について、円安の影響に加えて部材費および物流費の高騰を挙げた。

 また、政府はインバウンドの本格再開に向けて動いており、秋のiPhone新モデルの価格次第では、安い日本のApple製品を求めて訪日客による需要が増加する可能性があることも付け加えた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]