Facebook、米国のオフィス再開を2022年1月まで先送り--コロナ感染拡大受け

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年08月13日 09時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間8月12日、新型コロナウイルス感染症の患者急増とデルタ株の感染拡大を受け、米国の従業員に対して、2022年1月までオフィスへの復帰は不要だとする方針を示した。同社は当初、米国のオフィスを2021年9月までに定員の50%の人数で再開し、10月には完全に再開する計画だった。またFacebookは7月、米国内のオフィスで働く従業員にワクチン接種を義務づけると発表している。

Facebook
提供:Angela Lang/CNET

 Facebookは声明で次のように述べている。「オフィス復帰への取り組みを決定づけるのは、日程ではなくデータだ。デルタ株による新型コロナウイルス感染症の感染者増加を示す最近の健康データを考慮すると、米国のチームは2022年1月までオフィスに復帰する必要はない。米国以外の一部の国についても同様だと見込んでいる。引き続き状況を見守り、専門家と協力して、全員の安全を最優先にしたオフィス再開計画にする」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]