米国PC市場、第1四半期はノートとタブレットが好調で73%増--Chromebookは548%増

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Canalysは、2021年第1四半期の米国PC市場に関する調査結果を発表した。タブレットを含む出荷台数は3417.9万台で、前年同期の1973.1万台に比べ73.2%も増加した。種類別では、デスクトップPCが低調だった一方、ノートPC(前年同期比131%増)とタブレット(同52%増)は大きく伸びた。

出荷台数の推移(出典:Canalys)
出荷台数の推移(出典:Canalys)

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響でPCを求める人が急増したものの、工場の操業停止、サプライチェーンの混乱、半導体不足などによって供給能力が低下し、需要をまかないきれなかった。2021年第1四半期に入っても需要に応える動きが続いたうえ、各ベンダーが世界の他地域より米国向けを優先的に出荷したため、米国PCは記録的な成長になったという。

 2021年第1四半期における出荷台数の上位5ベンダーなどは以下のとおり。括弧内は、いずれも前年同期の数値と前年同期比。

1位:HP

  • 出荷台数:720.1万台(323.6万台、+122.6%)
  • 市場シェア:21.1%(16.4%)

2位:Apple

  • 出荷台数:667.8万台(492.1万台、+35.7%)
  • 市場シェア:19.5%(25.0%)

3位:Dell

  • 出荷台数:484.2万台(374.7万台、+29.2%)
  • 市場シェア:14.2%(19.0%)

4位:レノボ

  • 出荷台数:466.8万台(242.1万台、+92.8%)
  • 市場シェア:13.7%(12.3%)

5位:サムスン電子

  • 出荷台数:338.4万台(156.3万台、+116.4%)
  • 市場シェア:9.9%(7.9%)

その他

  • 出荷台数:740.6万台(384.2万台、+92.8%)
  • 市場シェア:21.7%(19.5%)

合計

  • 出荷台数:3417.9万台(1973.1万台、+73.2%)
第1四半期における出荷台数(出典:Canalysの公表データをグラフ化)
第1四半期における出荷台数(出典:Canalysの公表データをグラフ化)
第1四半期における出荷台数ベースの市場シェア(出典:Canalysの公表データをグラフ化)
第1四半期における出荷台数ベースの市場シェア(出典:Canalysの公表データをグラフ化)

 なかでも教育市場で人気のChromebookは、前年同期比548%増と急成長した。特に、サムスンは同1963%増という驚異的な伸び。また、ASUS、HP、レノボは、いずれも同900%以上の成長率だった。出荷台数別のシェアは、HPが44%でトップ。ちなみに、Chromebookは世界PC市場でも同274.6%増と好調だった。

Chromebookのベンダー別シェア(出典:Canalys)
Chromebookのベンダー別シェア(出典:Canalys)

 今後については、供給問題は残るものの改善され、安定した成長が続くと見込む。米国のバイデン政権が半導体製造に500億ドル(約5兆4770億円)弱、インフラ整備に2兆ドル(約219兆800億円)を投ずるとしており、これもPC出荷を推進する。そして、2022年の成長率を5.4%増と予想した。

今後の見通し(出典:Canalys)
今後の見通し(出典:Canalys)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]