アップル、「AirPods」を2021年に刷新か--「AirPods Pro」は2022年?

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月31日 09時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、インイヤーヘッドホン「AirPods」と「AirPods Pro」を刷新し、それぞれ2021年と2022年に向けて準備しているという。Bloombergが米国時間5月28日に報じた。新型AirPodsは、AirPods Proにより近いデザインとなり、AirPods Proは「フィットネストラッキングにフォーカスし、モーションセンサーが改良される」という。

The redesigned AirPods are reported to resemble the AirPods Pro.
提供:Angela Lang/CNET

 さらに同社は、AirPods Proのステムのないバージョンを検討中だとされている。開発中と報じられているAppleの「Beats Studio Buds」に似たものとなる可能性もあるかもしれない。MacRumorsが報じたように、バスケットボール選手LeBron James氏が27日のInstagramの投稿で、未発売のBeats Studio Budsのようなものを身につけていたとされている。

 現在のAirPodsは159ドル(税込1万9580円)、AirPods Proはアクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、249ドル(税込3万580円)となっている。最新の「AirPods Max」(549ドル:税込6万7980円)も、新色が検討されていると報じられている。AirPods Maxは、ソニーの「WH-1000XM4」や、「Bose Noise Cancelling Headphones 700」などのノイズキャンセリングモデルに競合する製品だ。

 Appleの開発者会議「WWDC 2021」は6月7日に開幕する。「iOS 15」のほか、新しいハードウェアが発表されるとみられており、インイヤーヘッドホンが披露される可能性もある。米CNETはAppleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]