logo

グーグルとサムスン提携で今後の「Wear OS」ウォッチやFitbitはどうなる?

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2021年05月28日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」スマートフォンに対応するスマートウォッチの購入を検討しているなら、2021年の秋まで待った方がいい。Googleとサムスンが提携し、Googleのスマートウォッチ用OS「Wear OS」を刷新すると発表しており、今後サムスンから出る「Galaxy」シリーズのスマートウォッチでは、その新しいOSが動くことになるからだ。また、Fitbitの機能がWear OSに追加されるほか、Wear OSを採用したFitbit独自のスマートウォッチの開発も計画されている。この情報は米国時間5月18日、開発者会議「Google I/O」で発表された。

スマートウォッチ
サムスンの次期スマートウォッチには、Googleと開発した新OSが搭載される予定だ
提供:Samsung

 なかなか盛りだくさんの内容だ。サムスンのスマートウォッチがGoogleのソフトウェアに移行する可能性は予測されていたし、Fitbitは既にGoogleの傘下にある。だが、サムスンとFitbitがGoogleと組むというのは、まるでウェアラブルテクノロジー界の「ジャスティス・リーグ」といった様相だ。Androidスマートウォッチの世界が大きく変わり、「Apple Watch」と競り合うことも予想される。ソフトウェアを刷新した新しいスマートウォッチは秋に登場予定で、実際にどんなものになるか、現時点で判断するのは難しい。

 筆者は、状況を整理して現状を把握するため、Googleから、またFitbitとサムスンの担当者からも話を聞いた。要約すると、サムスンは2021年後半に向けて、Androidスマートウォッチの主力機とみられるデバイスを開発する見込みで、Fitbitもそれに続く。最終的に、サムスンのスマートウォッチはFitbitのすべての機能を吸収することになる可能性もある。

Googleとサムスンが新しいウェアラブルプラットフォームを生み出す

 サムスンとGoogleの提携は広範囲に及ぶようだ。両者は次世代のWear OSだけでなく、フィットネスセンサーのサポートや、将来のスマートウォッチ用チップセットなど、その技術や機能まで共同設計しようとしている。

Googleとサムスンのロゴ
Googleとサムスンの提携を表すロゴ
提供:Google

 「アプリの起動は最大30%の高速化が確かめられており、そのパフォーマンスによって、これまでになく超スムーズなアニメーションやトランジションを追加できるようになる。これらはすべて、最新チップセットがもたらす性能だ」。GoogleのWear OS担当プロダクトマネジメントディレクターを務めるBjorn Kilburn氏は、「Googleハングアウト」での取材でこう答えた。

 こうした次世代のスマートウォッチは、セルラー対応が進み、バッテリー持続時間が長くなるほか、フィットネスおよびヘルス機能も充実するようだ。おそらく、サムスンが最近のウェアラブル「Galaxy Watch Active」シリーズですでに構築しているものに似たプラットフォームとなるだろう。

 GoogleのWear OS向けアプリも更新される予定だ。新しい「Googleマップ」は、スマートフォン本体がなくても新しいWear OS搭載スマートウォッチで動くようになる。「YouTube Music」は、スマートウォッチ向けにオフライン再生モードを実装する。「Spotify」もこれに続く予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]