ラボで育った「培養肉」が食卓を変える日は来るのか

Brian Cooley (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2020年12月09日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国の元首相のWinston Churchillは21世紀最大の食品革新を1931年に予言していた。「胸肉や手羽先を食べるために鶏を丸ごと育てるというばかげたことは、やがて誰もやらなくなるだろう。それらの部位を適切な培地で別々に育てるようになるはずだ」と言っていたのだ。

 現在、同氏が予言した技術は実現に近づいているが、まだ非常に新しいものなので、広く合意された名称はない。培養肉やクリーンミート、人工肉、栽培肉(cultivated meat)試験管肉などと呼ばれている。

 これらの用語はすべて、感覚を持つ生きた動物ではなく、動物細胞から育てられた肉を意味する。本記事では培養肉と呼ぶが、名称に関係なく、2022年にはMosa MeatMemphis MeatsAleph FarmsMeatableといった企業が小さな規模で販売し始めるかもしれない。肉を食べる人向けの、より持続可能で環境に優しい選択肢として位置づけられるはずだ。だが、人々が実際にそれを食べたいと思うかどうかは、依然として別の話である。

増える食糧需要と減る資源

 食肉生産が天然資源に及ぼす影響は、すでに問題として認識されている。国際連合食糧農業機関(FAO)によると、畜産分野が「生態系と天然資源を圧迫しており、生態系に及ぼす影響と同分野の経済的重要性の釣り合いがとれていない場合もある」という。さらに、FAOの試算によると、氷に覆われていない地球の土地の26%は家畜の放牧に使用されており、すべての耕作地の33%は、いわば栄養のバケツリレーのような形で、人間の食料となる家畜の飼料の栽培に使われているという。

 培養肉は、放牧地や大量の飼料を必要とせず、医薬品やエタノールの製造と同じく、バイオリアクター内で製造される。必要な肉の種類に応じて、いくつかの動物細胞が選ばれ、生物学で言う「足場」に置かれる。そして、細胞をごく小さな粒から人間が食べられる状態まで急速に成長させるバイオリアクター内で、適切な形状と構造になるまで成長させる。

figure_1
培養肉を生産するためのバイオリアクター
提供:Xcellerex

 多くの点で、このプロセスは今に始まったことではない。「私たちはすでに大きな規模で動物細胞を育てている」。培養肉を手がける新興企業のMemphis Meatsに早い時期から投資しているベンチャーキャピタル会社、IndieBioの共同創設者のRyan Bethencourt氏は、そう指摘する。同氏によると、「すべての大手製薬会社は、生物学的薬剤開発のために、いわば大きなタンパク質工場を所有している」という。世界で初めて培養肉ハンバーガーが披露され、試食されたのは2013年のことだ。

 しかし、培養肉生産の基本技術が比較的明確になっている一方で、大量生産に必要なエネルギーの量はそれほど明確になっていない。

 カリフォルニア大学デービス校動物科学科の協同普及専門家であるAlison Van Eenennaam氏は2019年、「Range Beef Cow Symposium」でのプレゼンテーションで、「家畜の生産と比較すると、培養肉では、同等の量の肉を生産するのに、より多くの産業エネルギーが必要になる可能性が高い」と述べている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]