logo

Uber、約18億ドルの純損失--コロナ禍で配車サービスが苦戦

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年08月07日 12時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 配車サービスを手掛けるUberは米国時間8月6日、2020年度第2四半期決算(6月30日締め)を発表した。17億7500万ドルの純損失を計上し、売上高は29%減の22億4100万ドルだった。

 Uberを利用した移動は56%減の7億3700万件だった。こうした数字からは、Uberの厳しい状況がうかがえる。実際、ニューノーマル(新しい日常)を実践する中で、同社は大規模な組織再編を進めてきた。

 決算の主な数字は以下の通り。

  • 月間アクティブプラットフォーム顧客(MAPC)は前年同期比44%減の5500万人だったが、「Mobility(配車サービス)」部門の調整済みEBITDAはなんとか黒字を維持した。
  • Mobility部門の売上高は、前年同期比67%減の7億9000万ドルだった。
  • 「Delivery(デリバリーサービス)」部門の売上高は、前年同期比103%増の12億1100万ドルだった。
  • 「Freight(貨物輸送サービス)」部門の売上高は27%増の2億1100万ドルだった。
  • Uberは果断にコスト削減を進めており、費用と経費は前年同期の86億5100万ドルから38億4800万ドルへと減少した。注目すべきは研究開発費で、前年同期の30億6400万ドルから5億8400万ドルへと減少した。

 つまり、Uberの配車サービスの利用は激減したものの、「Uber Eats」のデリバリーは急増し、市場の再開を受けて「Uber Freight」は回復の兆しを見せ始めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]