logo

Sansan、請求書のオンライン受領と一元管理を可能にする「Bill One」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは4月24日、請求書のオンライン受領と一元管理を可能にするサービス「Bill One」を発表した。現在機能開発を進めており、サービス提供は2020年5月11日を予定している。

 一企業につき月額税別10万円から利用でき、請求書のデータ化数に応じて従量課金されるという。また、新型コロナ対策支援として、契約企業に3カ月無償で提供する。

 このサービスは、同社がこれまで培ってきた独自のテクノロジーとオペレーションによって名刺を正確にデータ化する技術をもとに、あらゆる請求書のワンストップ受領、正確なデータ化、データベースでの一元管理するものとなる。


 紙の請求書を処理するためには、テレワークが望まれる現在のような環境下においても、出社をせざるを得ない。しかし、同サービスを利用することで、請求書受領担当者や経理担当者は自宅にいながらデータ化された請求書情報を受け取り、確認できるようになる。

 また、オンラインで受け取った請求書は、専用のデータベース上で処理できるため、請求書が入った封筒の開封や振り分け、社内での照会などといった非効率な事務業務をなくすことが可能。

 さらには、全ての請求書がデータ化できるため、コストや購買取引に関する情報を可視化して全社で共有できるようになる。請求書の一元管理によるコストのコントロールだけでなく、そこから得られる情報を営業機会の創出、将来的な収益の最大化につなげられるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]